スポンサーリンク

PEフカセに最適! 簡単に素早くPEラインとリーダーを結束【NEWオカケンノット】

最新のオカケンノットをこちらで紹介しています。

PEフカセに最適! 【NEWオカケンノット】でPEラインとリーダーの結束方法

 

PEラインを道糸に使う『PEフカセ』をする人がさらにどんどん増えています。

PEフカセを始めた人によく聞かれるのが、

「PEラインとハリス(フロロ)の間に入れるリーダー(ナイロン)の結束方法」です。

 

以前に【オカケンノット】として紹介して、今もたくさんの人に読んでもらってます。オカケンノットもよりいい結束がないかとテストを繰り返して、今は針の外掛け結びをアレンジした【NEW オカケンノット】で結束しています。

細仕掛けから男女群島の尾長グレまで、このNEWオカケンノットでトラブルなく魚を釣り上げているので、PEフカセに興味がある人はぜひ試してください。

またタイラバやエギングなどルアーでも使えますよ(^^)

NEWオカケンノットの動画

動画でも紹介してます。動画とこの記事を両方見てもらうとわかりやすいと思います。

NEWオカケンノットの結束方法

まずはPEライン(赤)をリーダー(青)に外掛け結びの形で巻きつけていきます。

PEフカセ釣り 結び方
PEとリーダー 簡単結束

リーダーに巻く回数は8〜10回。不安があるなら15回巻いても大丈夫ですよ。

PEとナイロンライン 結び方

巻きつけた後、最初の輪の中にPEの端を通してPEラインを左右から引いて締めます。

PEの結び方

このままだとリーダーが抜けるので、リーダーの先端でハーフヒッチを3回。最後だけ輪の中に2度通すエンドノットにしても良いです。

PEとリーダー結束
オカケンノット PE結束

外掛け結びになれている人なら、素早く安定した強度で作れるので、釣り場で時合を逃すことなく釣りが再開できますよ。

岡田建治流 PEフカセ仕掛け

武者泊でグレを狙った時の仕掛けのひとつです。PEラインとナイロンのリーダーを【NEWオカケンノット】で結んでます。

PEフカセ 仕掛け 仕掛図 岡田建治

コメント